岡山大学病院 看護研究・教育センター

EBN志向の次世代看護職教育システム 活動報告

2014年2月28日 25年度活動報告

平成25年度講演会・最終報告会開催

文部科学省大学改革推進事業「看護師の人材養成システムの確立」の最終年を迎え、平成26年1月25日(土)に、岡山国際交流センターにて看護職・看護系教員を対象に平成25年度講演会・最終報告会を実施しました。 当日は全国から160名の来場者がありました。


【基調講演1】

国立教育政策研究所 高等教育研究部長の川島啓二先生をお迎えして「思考力と主体性をのばす教育~大学教育改革から考える~」
と題した講演があり、主体的に学ぶことについて考える時間を共有しました。


【基調講演2】

続いて、文部科学省高等教育局 医学教育課大学病院支援室の市村尚子専門官から「『看護師の人材養成システムの確立』事業、今後の発展への期待」と題して、本事業のねらいや成果について講演がありました。事業最終年ではあるが、今後も継続して取り組むことと、次の文部科学省事業へ発展していくことの期待が述べられました。


その後、「『EBN志向の次世代看護職教育システム開発』事業概要とその成果」「新人・継続教育プログラムの開発」「フィジカルアセスメント岡大モデル」の3つのテーマで、5年間の事業報告を行いました。


最終報告会の内容は

コチラから閲覧できます。


質疑応答では、保健学研究学科と看護部との連携についての質問があったり、訪問看護ステーションに勤務する方から、「大学病院や大学を活用してよいことがわかり、今後連携していく希望が見えた」との発言がありました。


アンケートでは「改めて主体性のある学び方を確認することができた」「具体的な取り組みを知ることができて、とても参考になった」「今後、地域で働く看護師として一緒に出来ることを考えていきたいと思う」といった感想がよせられました。

事業最終年であると同時に、本日が次の出発の日であるという思いで締めくくった報告会でした。

岡山大学病院 看護研究・教育センター

〒700-8558 岡山市北区鹿田町 2-5-1(岡山大学病院内 中央診療棟5F) TEL:086-235-7808