岡山大学病院 看護研究・教育センター

EBN志向の次世代看護職教育システム 活動報告

2012年11月19日 24年度活動報告

人材育成に関する講演会を開催しました!

10月21日(日)、天満屋女子陸上競技部の武冨豊監督を講師に招き「指導とは共に夢を語る事なり」と題して人材育成に関する講演会を開催しました。参加者は約70名で、院内だけでなく他施設の方にもご参加いただきました。
講演会では、保科看護部長からの本事業概要説明に続き、武冨監督よりご講演をいただきました。武冨監督は、選手と同じ目線で目標設定をすること、こつこつと継続する力を持つこと、心を強く持つために仲間と助け合うこと、認められる環境を自分で作り出すことの大切さを語ってくださいました。



講演後は、会場からの質疑応答も含め、フリートークという形で監督と看護部長で対談の場を持ちました。この場でも、「1対1でのコミュニケーションを大切にする」「結果が出るかを常に意識し、各選手に合った練習方法を考える」「やりきったという満足感や達成感が得られると、悩みを軽くできたり、自信につながる」といった貴重なお言葉をいただきました。会場には天満屋女子陸上競技部の坂本直子選手も来場し、監督の指導の様子を語ってくれました。



参加者からは、「人の育成やマネージャーの姿勢、そしてスタッフができることに関して両者の視点で考えることがたくさんあり、アイディアがもらえた」「組織として同じ目標を持つ中で、個人がどういう目標を持って今頑張れるのか、意識していきたい」「武冨監督の言葉一つ一つが、私たちの教育での場面でも通じるものが多くあり、参加して本当に良かった」といった感想が寄せられ、監督の温かい人柄と説得力のある講演に感銘を受けていました。最後には監督を囲んで記念写真を撮影し、大きな拍手に包まれての講演会終了となりました。



講演会のアンケート結果はこちらから
事業説明資料はこちらから

岡山大学病院 看護研究・教育センター

〒700-8558 岡山市北区鹿田町 2-5-1(岡山大学病院内 中央診療棟5F) TEL:086-235-7808