岡山大学病院 看護研究・教育センター

EBN志向の次世代看護職教育システム 活動報告

2013年11月15日 25年度活動報告

シンポジウム「これからの看護職新人・継続教育~岡山大学からの発信~」

平成25年7月6日(土)「これからの看護職新人・継続教育~岡山大学からの発信~」と題し、地域の看護職・看護系教員に、本事業の実践と成果を発信するシンポジウムを開催しました。当日は、院内だけでなく県内の病院・大学を中心に全国から約150名の方にご来場いただき、大盛況でした。


保科看護部長より事業概要説明◆発表の様子◆

 本事業で取り組んだ内容とその成果について各担当者が発表しました。

人材育成のヒントを得ようと、表や図等をデジカメに撮ったり、熱心にメモを取ったりする来場者の姿がありました。


オンライン教育システム実演◆オンライン教育実演の様子◆

地元企業と共同で開発したオンライン教育システムを地域の方々に公開しました。

会場ではスマートフォンをお持ちの方に、実際に操作してもらいました。簡単に見ることができると好評で、シンポジウム後、地域の方からの閲覧が増えています。

今後も公開できるコンテンツの作成に取り組んでいく予定です。


質疑応答の様子◆質疑応答の様子◆

発表後の質疑応答では、フィジカルアセスメントOJTナース育成に関する質問が多く寄せられ、具体的な人選方法や研修企画、運営について補足説明しました。

会場にいたOJTナースにも、現場での教育に対する心境の変化や実際の教育方法について語ってもらいました。


また、保科看護部長より院内研修の見学も可能ですとお伝えしたところ、シンポジウム後、早速、地域病院の教育担当者からフィジカルアセスメント研修を見学したいと要望がありました。

★フィジカルアセスメントⅡ研修見学の様子はこちらから★


会場前のホワイエには、これまで参加したフォーラムや学会でのポスター等を展示しました。来場者は、各ポスター前で足を止め、興味深そうに見ていました。
シンポジウム後は施設見学を行いました。地域医療人育成センターおかやま(MUSCAT CUBE)内のシミュレーター室、臨床研修スキルラボ、総合診療棟内のIVRセンター、手術部等を案内しました。臨床研修スキルラボでは具体的な物品のセッティングや管理について質問があり、担当者が演習物品をまとめたコンテナを紹介したり、予約の仕方などの管理方法等について回答しました。


ポスター展示風景 施設見学


参加者からは「基礎看護技術と共に、目標・ゴール設定を行っておくことの必要を実感した」「OJTナースの育成や循環を作り、職場に根付かせる方法が良かった」「オンライン教育システムはいつでも自己学習ができ、活用できて良い」といった感想が寄せられ、大好評の中でシンポジウムは終了しました。


オンライン教育システムより、当日の発表内容をを動画で配信しています。

1. 事業説明
2.スキルラボ、未就業者・復職支援セミナーについて
3. 継続教育について
4. フィジカルアセスメント研修の実際
5. 新人看護職員研修での取組みとその効果
6. オンライン教育 公開・実演

岡山大学病院 看護研究・教育センター

〒700-8558 岡山市北区鹿田町 2-5-1(岡山大学病院内 中央診療棟5F) TEL:086-235-7808