岡山大学病院 看護研究・教育センター

活動報告「教育」「地域」

訪問看護新任研修を実施しました 2015年11月12日 活動報告教 育地 域

訪問看護新任研修を実施しました

平成27年10月21日・28日に岡山県訪問看護ステーション連絡協議会主催の

訪問看護新任研修 ー人工呼吸器装着した人のケアを考えようー

を岡山大学鹿田キャンパス内地域医療人育成センターおかやま(MUSCAT CUBE)にて開催しました。

参加者は看護師・理学療法士・作業療法士で、21日は14名、28日は18名でした。

まず、グループワークで日々のケアについて振り返りました。日々どのようにケアしているか、困っていることや不安に思っていることなどを語り合いました。

続いて、臨床光学技士の講義では、人工呼吸器の従量式・従圧式の違いやPEEPの必要性などをペットボトルや風船を用いながら説明がありました。

その後は、数値の見方やアラームなどの原因追求や対処法について、実際に人工呼吸器に触れながら学びを深めました。

参加者は「基本的な仕組みから対処法まで学べてよかった」「人工呼吸器への不安感が減った」「実際の機器・回路・模型などを使ってわかりやすく、根拠をもって看護する必要性を理解できた」などの感想がありました。

最後にもう一度グループワークを行ない、これからのケアにどのように活かしていきたいかなど、活発な意見交換をしました。看護師長が行なった呼吸に関するフィジカルイグザミネーション・人工呼吸器装着患者の看護についてのミニレクチャーは、「もっと聞きたかった」など好評でした。

岡山大学病院 看護研究・教育センター

〒700-8558 岡山市北区鹿田町 2-5-1(岡山大学病院内 中央診療棟5F) TEL:086-235-7808