岡山大学病院 看護研究・教育センター

活動報告「教育」「地域」

出張看護技術研修 in 真庭地域老人福祉施設職員 2018年10月15日 活動報告教 育地 域

出張看護技術研修 in 真庭地域老人福祉施設職員

9月25日(火)に真庭地域の老人福祉施設職員を対象に「老人福祉施設における看取り」と題した研修を行いました。
この研修は特別養護老人ホーム 千寿荘の荘長 小泉さんにご尽力いただきました。
参加人数は10施設、計55名、職種は看護師、准看護師、介護職員、MSW、菅理栄養士、学生などでした。

自分自身が「人生の最終段階において、どんな医療・ケアを受けたいか」を考えることができ、仕事としてどのような看取りのケアを提供できるかを考え、また施設内で共通認識を持つことを目標に、看取りに関する現在の状況やアドバンス・ケア・プランニング(ACP)について講義をしたのち、看取りをどのように実施しているか、実施するにあたっての問題点や困っていることなどについてグループで話し合いました。

「看取りに関してどうすべきか簡単に応えは出せないが、考えるきっかけになった」「利用者様・ご家族、自分や身内等できる限り意向に沿った看取りが行えたらいいなぁと感じた」「他施設の看取りに対しての思いが聞けて良かった」といった声がありました。

岡山大学病院 看護研究・教育センター

〒700-8558 岡山市北区鹿田町 2-5-1(岡山大学病院内 中央診療棟5F) TEL:086-235-7808