岡山大学病院 看護研究・教育センター

活動報告「教育」「地域」

出張看護技術研修 in 岡山博愛会病院(2018年6月21日) 2018年6月29日 活動報告教 育地 域

出張看護技術研修 in 岡山博愛会病院(2018年6月21日)

佐竹総師長より「岡山博愛会病院は地域包括ケア病棟の設置などによりケア中心から医療行為も必要な病院へ変革しつつあり、亜急性期として他病院・他職種との連携が今まで以上に重要となっている。そのような変革期において、もう一度基礎に立ち返り、エビデンスに基づいた個別的ケアを考えられる人材、若手を育成していける人材を増やしたい」との熱い思いをお聞きし、フィジカルアセスメント研修を3回コース、研修時間を1回目のみ1時間半、2・3回目は1時間という内容で計画しました。

 

出張看護技術研修 in 岡山博愛会病院(2018年6月21日)

1回目は「フィジカルアセスメントとは」と「呼吸系・循環系のフィジカルイグザミネーション」
というテーマで行いました。
参加者は、看護職や理学療法士、介護福祉士、事務職員等の8職種、計59名でした。

まず、“なぜ、フィジカルアセスメントを学ぶのかを説明できる”を目標に、
「フィジカルアセスメントとは」、「なぜフィジカルアセスメントが必要か」、
「フィジカルアセスメントの思考プロセス」についてお話ししました。

 

出張看護技術研修 in 岡山博愛会病院(2018年6月21日)

その後、呼吸系・循環系のフィジカルイグザミネーションについてお話ししました。
呼吸系では“異常呼吸音の判別ができる”、
循環系では“末端まで血液が届いているかの判別ができる”を目標に、
五感を使って胸郭の動きや末梢血液循環を確かめたりしました。
フィジカルアセスメントモデル“フィジコ”も出張し、異常呼吸音聴取に一役買ってくれました。

岡山大学病院 看護研究・教育センター

〒700-8558 岡山市北区鹿田町 2-5-1(岡山大学病院内 中央診療棟5F) TEL:086-235-7808