岡山大学病院 看護研究・教育センター

活動報告

12月3日 日本看護管理学会 平成28年度例会 in岡山 2017年1月4日 活動報告地 域

12月3日 日本看護管理学会 平成28年度例会 in岡山

平成28年12月3日(土)に岡山大学 鹿田キャンパス 第1臨床講義室において、 「地域包括ケアシステムにおける退院支援のあり方を探る!」をテーマに日本看護管理学会 平成28年度例会 in岡山を開催しました。
基調講演には兵庫県立大学の筒井孝子先生をお迎えし、『地域包括ケアシステムの概要と看護管理者の役割』と題して、ご講演いただきました。社会保障の動向や地域包括ケアシステムの考え方・看護を巡る動向、退院支援の課題や今後の方向性など、大変興味深い内容でした。
シンポジウムは市内急性期病院・地域診療所の看護管理者、総合介護福祉施設の管理者からそれぞれの立場での取り組みについてお話いただきました。
当日は、院内・外の看護職、メディカルスタッフ等241名が参加し、「自院の立場をしっかり把握することが必要。患者の意思決定についてどう取り組むか考えていきたい」「今抱えている地域包括ケアシステムにおける医療介護連携のあり方・進め方がイメージできた」などの感想がありました。

岡山大学病院 看護研究・教育センター

〒700-8558 岡山市北区鹿田町 2-5-1(岡山大学病院内 中央診療棟5F) TEL:086-235-7808